眼鏡でファッションもおしゃれに

http://cosme-value.net

HOME

眼鏡でファッションもおしゃれに

眼鏡を必要とされている方にとって、眼鏡は本当になくてはならないものです。近視の人にとっては遠くのものが見えづらいので、車を運転するときに絶対なくてはいけませんし、運転免許取得・更新のときにも必ず必要です。視力が悪いのに運転は危険過ぎます。
近視だから老眼になりにくいという話を聞いたことがありますが、実際に自分がなってみてそうではないことがわかりました。近視でも老眼にはなります。40代半ばを過ぎる頃から自覚しました。
手元が見えづらく、本・新聞の字を読むのが困難になってきます。それから針仕事をするときに、針の穴に糸を通すのが難しくなってきます。何とも悲しいことですが。
こんな場合は遠中近レンズの眼鏡を作ることをおすすめします。症状が重くなってから急に遠近用の老眼レンズに替えるよりも、早いうちから慣れておいたほうが楽だということです。最初は足下がゆがんで見えたりして不安でしたが、じき慣れました。
近視は中学・高校生時代に度が進み、何度もレンズを替えました。それ以降はコンタクトレンズとの併用をしています。しかしコンタクトレンズをはずしたら眼鏡はまた必要なので、これからも一生お世話になります。自分に合ったかけ心地のよい眼鏡で、毎日を快適に過ごしたいものです。
近頃では本当にお洒落なものが増えてきたので、かけるほうも何だかちょっと垢抜けた気分になります。着る洋服もだんだん眼鏡に合っていくような気がしますし。カジュアルな感じのものが似合うようになったようです。
夫も去年眼鏡を作り替えたのですが、やはりこれも今流行のフレームのため、だんだんと着るものも以前より若返ってきたような気がします。周りの人たちも皆同じようなので、必然的にみんな同調してしまうのでしょうか。たった一つのアイテムが変わるだけで、その人の印象がガラッと変わってしまうのですから不思議なものです。
レンズはいいものは本当に高価ですが、一度これを使ったら二度とランクを落とせないような気がします。しかし眼は疲れませんし、仕事もはかどりますので、是非質のいいものを選んだほうがいいでしょう。やはり眼が疲れると体全体が疲れますし、いいことありませんから。
これからもずっとお世話になっていく眼鏡ですが、夏場の太陽の光がまぶしいときには、度の入ったサングラスも重宝します。運転していると前を走っている車の後方に日が当たって、眩しい時がありますから。眼鏡はいつも上手に使い分けていきたいものです。

新着情報